便利屋映画で、北欧家具の個性を改めて認識。

便利屋が活躍する映画を先日見ました。
便利屋とは所謂なんでも引き受ける仕事で、
よく物語に出てくるのは探偵のようなものが多い気がします。
その映画でも、探偵のような感じでうだつの上がらない事務所で、
仕事をこなしていました。
こういう物語には、北欧家具はミスマッチなんですよね。
うだつが上がらないのにポップな北欧家具で埋め尽くされていると、
本当にうだつが上がらないのか分かりません。
生活臭が読めないですね。
そう考えて、改めて北欧家具の個性というモノ、改めて認識しました。

井之頭病院のイベントで出会った!

たまたま井之頭病院のイベントに行った際に、
その後の人生を変えるような(おおげさ)出会いがありました!
その人は井之頭病院の看護師さんなんですが、北欧雑貨に詳しいムーミン好き!
その日は連絡先を交換して、お休みの際に改めてお会いしました。
都内の北欧雑貨専門店は私よりも詳しいし、お宅のインテリアも素敵なんです。
あこがれのお家にまた出逢いました。
持つべきものは友だな〜と思うことが多々あり、
凄くテンションの高い今日この頃(^^)