ペニス増大サプリと併用すべき増大器具―ポンプタイプの特徴と使い方

ペニス増大サプリの働きをサポート

ペニス増大サプリはシトルリンなどの成分の働きによって血管を拡張したり、血流を改善するなどの効果が期待できるものです。それがペニスへと働き、栄養をしっかり届けたり、勃起の際に隅々まで血液が行き渡るようにすることで間接的な増大を図ります。

つまり内側からの働きで、ペニス増大サプリという名前の通りあくまでも食品扱いです。そのため医薬品や手術のようなはっきりとした変化ではありません。そして変化があるとしても少しずつなので、それを他の方法でサポートしてあげるのも有効的です。

そのひとつがポンプの使用で、数多くの製品が市販されています。細かい部分は違ってもどれも基本は筒状をした本体の中にペニスを挿し込み、真空状態を作って外側に引っ張る構造は共通しています。ペニスはいわば血液で膨らむ風船のようなものなので、その範囲を広げてあげるとペニス増大サプリで促進される血流の流れのサポートになるという仕組みです。

いくつかの種類がある

ペニス増大サプリのサポートに使えるポンプには電動と手動の2通りがあり、手動の方が価格がリーズナブルです。ポンプ部分の形は手で潰すタイプやレバー状など色々ですが、何回か動作を繰り返していって中の空気を抜いていくだけという、そこまで複雑な構造ではないことが価格にも影響しています。

そして電動ではその空気抜きをボタン一つで自動で行ってくれて、強さの調節ができるものも多いです。価格も手動と比べると高い程度で、全体的にそこまで高くはありません。どれほど特殊なギミックを持っていたとしても、1万円は超えないと考えておいて良いでしょう。中には自慰行為の目的とセットになっているものもあります。

ポンプは購入すると壊れるまで使い続けることができるため、ペニス増大サプリのように追加費用がほとんどかからずに済むという点も大きいです。なのでペニス増大サプリとどちらかを選ばなければならない場合は、ポンプの方にするのもひとつの手です。

まとめ

ペニス増大の方法としてサプリを選択するのは手軽で簡単ですが、ポンプもそれに劣らない程の価格をしています。そして通販を利用すれば特に問題なく手に入れられます。どちらも手術に比べると負担が少なく済むため、組み合わせて使用するのも容易です。

さらにリスクがほとんどないという点も共通しているため、増大はしたいけれども悪影響が気になるという人にも向いている組み合わせです。どのような使い勝手なのかを試してみるために、安いものやサンプルで確認するのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です